【2020年】おすすめライブ配信アプリTOP10

2020年おすすめライブ配信ランキングTOP10として紹介していきます。

様々な目線から考えてみて、考慮し紹介していきます。

今の流行りはライブ配信に向いている今はいいアプリを見つけ出す方法を知っておきべきです。

そこで配信アプリを10個ピックアップし紹介していきます。

なぜライブ配信をおすすめするのか

 まずおすすめする理由から解説していきます。

現在新型コロナウイルスの影響やインターネットの急速な普及によって在宅ワークや副業に注目され始めています。また、若年層を中心に日本ではほとんどの方がスマホやPCなどを持っていると思います。

こういった状況なので、インターネットで出来る副業について注目されています。

 その中でこの業界はすごく多くの注目を集めている業界です。

それに加え市場規模も拡大を続けています。

2020年には140億の市場規模までになっています。そしてこれから2024年にかけて1000億円規模になることが予想されておりまだまだ成長を期待されています。

そして年10~20%の成長を続けています。

成長が続くという事はライブ配信で収益をたくさん得ることの可能な業界になっていくという事です。

規模が拡大していくと視聴者側も今あるジャンルよりさらに増え楽しめる要素も増えていくことが予想されます。

ライブ配信おすすめ

おすすめのライブ配信ランキング

ここからはアプリをピックアップし紹介していきます。

視聴者・配信者の目線、アプリのポテンシャルなどを考慮し、ランキングを付けています。

Pococha

まずPocochaです。アプリのポテンシャルが非常に高くおすすめできます。

収益に関しては配信時間に応じていただける収益に加え視聴者数やコメント数などの盛り上がり度に応じていただける収益があります。

この方法は頑張れば頑張った分だけ収益を得られるものになっており、初心者の方も収益を獲得することが可能です。

 また、ライバーはプロの人気ライバーも多く在籍していますが素人ライバーも多くいます。

素人のライバーの配信が見たいという要望もあり、これが見れるのは魅力的ですよね。

ユーザー数も2020年では220万人になっており、日本でも人気を集めているアプリで集客するのにもおすすめできるのでおすすめしています。

ポコチャ
ポコチャ

17LIVE

 17LIVEは何といっても国内で非常に人気になっています。

日本ではライブ配信アプリのシェア率が63.9%になっており、断トツの人気を誇ります。

また、ユーザー数は4000万人を超えており非常に大きなライブ配信アプリです。

 ここまで人気のアプリですが、収益の還元率が10~30%と非常に低くなっています。

ここが少し残念ですが、ユーザー数が非常に多いので投げ銭を頂けるチャンスが多くあります。

ユーザーが多いのでライバーも多く、視聴者は飽きることなく利用できます。

17live

BIGO LIVE(ビゴライブ)

 ビゴライブは業界で最大の規模を誇ります。

世界150か国以上で利用されておりユーザー数は約3億人となっており、他のプラットホームとは比較にならないほどの大きなアプリです。

しかし、海外では人気を集めているアプリですが、日本ではまだユーザーが少ないです。

これからもっと伸びていくと予想されますが、現状国内おすすめライブ配信ランキングと考えるとこの順位が妥当だと考えます。

 ただ、コンテンツ重視で海外にに向けて発信したい方はビゴライブ一択です。

雑談メインの配信になるのなら日本人でも英語で発信する必要があります。日本語で話していても言葉の壁があり、海外で人気のアプリなので向いていないという面があります。

 このアプリでコンテンツが受ければ非常に多くの支持を得られる可能性があるのはライブ配信をするうえでは魅力的です。

また、視聴するうえでは海外の方にも気軽に触れられ違う文化などを知れるのが魅力です。

ビゴライブ
ビゴライブのロゴ

④YouTube

 YouTubeについてはアプリ界のトップ層に君臨している配信アプリといえます。

世界150か国以上で利用されており約20億人以上の方が利用しているアプリになります。

そんなアプリですがメイン機能は動画投稿になっていますが、ライブ配信機能も提供しています。

これほどまでに人気のアプリなのに4位になっているのには理由があります。

主に2つの理由からです。

1つ目はライブ配信に特化していないからです。動画投稿がメインになっており、そのために利用している人が多くおり、配信を見るために利用している人が少し少なくなっているのでこの順位になっています。

日本でライブ配信をメインに扱っている他のプラットホームに比べると弱くはなっていますが十分人気や支持を得ることは可能です。

 2つ目は収益化が簡単ではない点です。

収益化についてはチャンネル登録者数が1000人以上など規約が様々で誰でも稼げるというわけではありません。

ただし、稼げるほどの人気や知名度を獲得できれば月に数百万、数千万を稼ぐことも可能になっているアプリです。

ただ、収益化が可能になれば再生回数、広告収入、投げ銭などを稼げる方法は様々あるので稼げる金額は青天井になっています。

つまり、稼げる金額や得られる知名度が計り知れない分人気が出なかった時は収益化もできないというデメリットもあります。

YouTube

LINE LIVE

 多くの方が連絡ツールとして利用している「LINE」ですが、実は配信サービスも提供しています。

日本人にはなじみの深い企業が提供しているので、人気が出ています。

ユーザー数は2000万人っとなっており、これからの成長に期待できます。

なぜなら1年間にユーザーが26%も増加しているからです。

これからライバー業界が成長していくことが予想されていることからもLINE LIVEが成長していくと思われます。

LINEに登録している人はそれに連携させてLINE LIVEに登録することができ、非常に簡単に始めることができます。

このアプリの最大の魅力は有名人やインフルエンサーが非常に多く利用しているという点です。

ファンの有名人のライブ配信を見れたりコメントを読んでもらえることを思えば幸せの時間ですよね。

また、収益にもつなげられるのでおすすめです!

LINEライブ

LiveMe(ライブミー)

 ライブミーはアジア圏を中心に85か国以上で利用されており、1億人以上の方が利用しているアプリになります。

このアプリも大きなアプリになっていますが、日本ではまあだまだ知名度が低い状況になっています。しかし、これからは日本でも人気になることが予想されているアプリの1つです。

このアプリの魅力は海外ファンを付けれるという点です。

また、アジア圏を中心に人気になっており、時差が半日以上あるわけではない国も多いので時間が合いやすいという面をもちます。

収益に関しては、投げ銭によるものになります。還元率は10~30%になっているので収益を求めるのには少し向かない面はあります。

しかし、ユーザーが多いので投げ銭を頂ける機会がその分多いので多くの支持を得れれば稼げる可能性はあります。

ライブミー

TikTok

 このアプリも非常に大きな人気を獲得しています。

ユーザー数が950万人になっており日本でも若年層を中心に支持を得ています。

メイン機能は短い動画を投稿するのが基本です。

これに加えてライブ配信機能を備えています。

ライブ配信をするには動画投稿を繰り返し質のいいコンテンツを投稿していればライブ配信をすることができます。

TikTokのは比較的人気を集めやすくなっています。多くの方が短い隙間時間に少しの暇つぶしに利用する方が多いです。

そして、気になる配信者をワンクリックでフォローできるのでフォロワーが増えやすい要因です。

また、短い動画なので、内容が圧縮された動画なので、視聴者もストレスなく見ることができるのもフォロワーを獲得できる要因なので、人気や知名度を獲得しやすくなっています。

視聴者画面を上下にスライドさせるだけで次々に動画が出てくるので飽きずに次から次に動画やライブ配信を見れるので楽しめると思います。

TikTokライブ

Instagram

 Instagramは基本は友人間で日常のあった出来事をスートーリーに投稿し、共有しあうのが基本的な使い方です。

そんなアプリでも配信機能を備えています。

Instagramは年齢問わず多くの方が利用しています。ここでアプリでライブ配信を行うと友人同士で出来るので半分ビデオ通話のような感覚で利用できます。

ただ、これだと収益にはつながりません。

収益につなげたいのであれば別にアカウントを作る方がいいと思います。

ライブ配信で配信したい内容をきめ、まずはストーリーなどで投稿を繰り返して、そのコンテンツに興味のあるユーザーを集める必要があります。

なぜならフォロワーなどが0で配信していても見に来てくれる方を望むのは厳しいです。

なので、まずはフォロワーを集めることに集中した方がいいです。

ライブ配信をしたいと思いこのアプリを選ぶのではなくアフィリエイトとしてこのアプリを利用する方がこのアプリのポテンシャルを生かせると思います。

しかし、ユーザーが多く人気のアプリなのでこの順位にしています。

ライブ配信を楽しむ女性

ツイキャス

 ツイキャスはライブ配信が人気になり始めた当初からサービスを提供している企業です。

ユーザー数は220万人以上を抱えるアプリになっています。

ツイキャスのライブ配信はTwitterのアカウントを連携させて登録することができます。

また、ライブ配信をする時にはTwitterにて告知ができるのが特徴です。

なので、ライブ配信もですが、Twitterのアカウントを育てていくのも重要になっていきます。

収益ですが、動画再生、投げ銭での収益化が可能です。

1再生あたり、3円となっているのでこれは高い数字になっています。

また、投げ銭による還元率は70%となっており、ここも高い数字になっています。

ただ、最大の魅力はTwitterで配信者とつながれる、ライブ配信でコミュニケーションをとることができるのが魅力になっており、これらが積極的に行われています!

FC2LIVE

 FC2LIVEは特殊なものになっています。

それはアダルト配信が行えるからです。

勿論他のプラットホームと同様のような配信も行えるものはありますが、アダルト配信の方が勢いがあるジャンルになっています。

過去アダルト配信で半年で数千万円稼いだ方もいます。

自身で1分何円と決められる配信もありアダルト配信では投げ銭が頻繁に行われています。

女性による配信が多いので必然的に男性の視聴者が多いのが特徴です。

アダルトなので参入障壁が低くなっていますが、興味ある方は是非行ってみてください。

FC2配信イメージ画像

まとめ

いかがだったでしょうか?本当に多くのライブ配信アプリがありどれも魅力な点があります。

まずは自身が伝えたいことや配信内容を考えましょう!

決まればアプリごとの特徴を知り決めていくことができます。

現在多くの方の身近にライブ配信が存在しており利用している方も多くいると思います。これからの業界に希望や期待が込められたものなのでこの機会に是非ライブ配信を積極的に活用してみてください!

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社