Poccocha(ポコチャ)で集客!飲食店にライブ配信を導入するメリットと方法

Poccocha(ポコチャ)を活用すれば、少ない広告費用で集客できます

なぜなら、店内の雰囲気や美味しそうなメニューを自然に紹介でき、Poccocha(ポコチャ)からの収益にも期待できるからです。

しかし、ライブ配信を始めるだけでは十分な集客には結びつかないのが現状です。

そこで今回は、飲食店でライブ配信を導入するメリットと共に、効率的に集客するための方法や注意点を紹介します。

Poccocha(ポコチャ)を活用して、少ない広告費で大きな利益獲得を目指してみましょう。

Poccocha(ポコチャ)の基礎知識

ポコチャイメージ

Poccocha(ポコチャ)でライブ配信を始める方法

  1. ポコチャをスマホにインストール
  2. アカウント登録を行う
  3. ライブ配信スタート

Poccocha(ポコチャ)でライブ配信をしたい時の手順は簡単です。

アカウント登録も、年齢認証とプロフィール写真、名前を登録するだけ。

インストールからライブ配信開始までは10分程度しかかかりません。

Poccocha(ポコチャ)で収入を得られる仕組み

Poccocha(ポコチャ)の収益システムは「時間ダイヤ」と「盛り上がりダイヤ」の2種類があります。

「時間ダイヤ」とは配信した時間とランクによって決められる報酬で、運営側からもらえます。

1日4時間まで、1週間に19時間まで、1ヶ月に75時間までという制限があり、ランクに応じてもらえる時給のような報酬と考えるとイメージしやすいでしょう。

「盛り上がりダイヤ」とはリスナーさんのコメントや視聴時間の長さ、リスナーさんが使用したアイテムの数によって決まる報酬です。

計算方法は明らかにされていませんが、リスナーさんが多ければ多いほど報酬が高くなります。

Poccocha(ポコチャ)が集客に向いている理由

ポコチャイメージ

Poccocha(ポコチャ)は幅広い年齢層が利用している

アットホームな雰囲気と雑談系配信が多いPoccocha(ポコチャ)はリスナーさんの年齢層が幅広いのが特徴です。

様々なユーザー層にお店の雰囲気を伝えられれば、新たなユーザー層の開拓に期待できます。

必要な機材が少ない

Poccocha(ポコチャ)でのライブ配信に必要な機材はスマホとスマホスタンド程度で済みます。

スマホは日常的に利用している方が多く、スマホスタンドは高くても3,000円程度で購入できます。

必要機材が少なく、コストを気にせず挑戦できるのが、Poccocha(ポコチャ)を飲食店に導入するメリットです。

芸能人や有名人が参入していない

競争率の低さも魅力です。

強力なライバルがいれば集客やファン獲得は困難ですが、芸能人や有名人は参入していません。

手際よく調理したり、活気のある接客をリスナーさんに楽しんでもらいましょう。

ファンが増えるとライブ配信の収益化も可能です。

24時間のセキュリティで安心・安全

Poccocha(ポコチャ)の運営元はDeNAと大手で、セキュリティ対策が万全なのも魅力です。

24時間の監視体制だけでなく、誹謗中傷や卑猥なコメントをフィルタリングで非表示にできる「NGワード機能」もあります。

悪意のあるリスナーは運営元が対応し、お店のイメージはクリーンに保てます。

ライブ配信が完全無料でスタートできる

Poccocha(ポコチャ)でライブ配信を始めるための費用は必要ありません

つまり、Poccocha(ポコチャ)をきちんと活用できれば、無料で自分の店を宣伝できます。

コストを気にせず、自分自身がお店のインフルエンサーとして情報を発信できるのが魅力です。

イベントやメディア掲載が豊富

毎月数十本ものイベントが開催されるうえ、景品も様々なのも魅力です。

豪華な商品をもらえたり、ファッション誌や大型ポスターへの出演権をもらえます

イベントへの参加条件は、イベントごとに設定されている「参加可能ランク」になっていること。

積極的にイベントに参加して、出演権を勝ち取りましょう

Poccocha(ポコチャ)でライブ配信を盛り上げるためのポイント

ポイント

リスナーさんを増やせば、集客とライブ配信の収益化の両方が可能になります。

しかし、ただ漠然と配信を続けるだけでは、集客と収益化はできません

リスナーさんを増やし、ライブ配信を盛り上げていくためのポイントを押さえることが大切です。

ポイント① 毎日最低1時間以上は配信する

Poccocha(ポコチャ)では配信時間が多いほどランクが上がるだけでなく、アプリのピックアップ画面に表示される確率がアップします。

飲食店での配信では、配信時間は自然と長時間になります。

しかし配信ボタンのタップし忘れには注意が必要です。

集客と収益化の両方を効率よく狙うためにも、毎日配信を心がけましょう。

ポイント② 配信する時間帯はランチタイムとディナータイムに限定する

いつも同じ時間帯に配信すると、リスナーさんは配信時間に合わせて視聴できます。

配信時間は、ランチタイムやディナータイムに配信し、お店の活気やメニューをアピールしましょう。

見て楽しむリスナーさんだけでなく、食欲をそそられてお店に足を運んでくれるリスナーさんを獲得するチャンスです。

ポイント③ 撮影範囲はいつも以上に整理整頓を心がける

飲食店において清潔感は最重要と言えるほど大切なポイントなのはご存知かと思います。

しかし、不特定多数が視聴するライブ配信では、自分が気づかないような不備に気付いてしまうリスナーさんがいる場合も。

撮影範囲はいつも以上に入念にチェックし、お店が衛生管理の良さと清潔感をアピールできるようにしましょう。

SNSでの炎上防止と集客、ライブ配信の盛り上がりにつながります。

ポイント④ リスナーがアイテムを使ったらできるだけ反応する

ラーメン屋さんのように、お客さんとの距離が近い場合は難しい場合もありますが、リスナーがアイテムを使用したら「ありがとうございます!」といったように反応を返しましょう。

リスナーは「自分を気にかけてくれた」と好感を持ち、ライブ配信のファン獲得と、来店の促進効果を得られます。

ポイント⑤ 店内でライブ配信をアピールする

店内にポスターを掲示したり、卓上POPを活用してライブ配信をアピールするのも効果的です。

来店してくれたお客さんにライブ配信を見てもらえれば、Poccocha(ポコチャ)上でのファン獲得のチャンスになります。

またライブ配信を見てもらえれば、再来店の促進効果も期待できます。

Poccocha(ポコチャ)のライブ配信で集客する際の注意点

お客さんが映りこまないように撮影する

プライバシー侵害によるトラブルを避けるため、お客さんが映りこまないようなアングルで撮影する必要があります。

食事風景は聴覚や視覚を刺激するASMRの効果が期待できますが、スタッフを活用したり、常連のお客さんに頼んだりするといいでしょう。

ただし、お客さんに頼む際は、割引などのサービスをするのを忘れてはいけません。

食事と撮影、両方を楽しんでもらえるように工夫しましょう。

スタッフの撮影許可を得ておく

スタッフの中には、ライブ配信されるのを嫌う方がいる可能性もあります。

許可がもらえないスタッフがいるなら、スタッフの配置やカメラのアングルなどを変更しなければいけません。

スタッフへの説明を確実に行い、理解を得られるようにしましょう。

休業日は「おやすみチケット」を活用する

その日のランクメーターを上下させない機能が「おやすみチケット」です。

Poccocha(ポコチャ)では、配信をすればするほどランクメーターが溜まり、ランクが上がる仕組みですが、飲食店には休業日も必要です。

おやすみチケットは、月初めに2枚、一週間ごとに2枚獲得できます。

合計でひと月に10枚まで保持できるため、休業日に使い、ランクが落ちないようにしましょう。

Poccocha(ポコチャ)があればライブ配信による収入と集客の効果が得られる

ポコチャイメージ

コストを気にせず、気軽に挑戦できるのがPoccocha(ポコチャ)の最大の魅力です。

広告費を抑えながら集客できれば、自分の収入がアップするだけでなく、スタッフの報酬アップも夢ではありません。

ぜひPoccocha(ポコチャ)を活用した集客にトライしてみてください。

きっと大きな宣伝効果を発揮しますよ。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社