【初心者必見】ライブ配信ネタにはもう困らない!人気者になる秘訣とは

「ライブ配信を始めたのはいいけれど、一体何を話していいのかわからない」

ライブ配信初心者にありがちな悩みですが、当記事を読めば解決です。

また有名ライバーの話し方の特徴も紹介します。

ネタの悩みが解決するだけでなく、有名ライバーになるのも夢ではなくなりますよ。

初めてのライブ配信-押さえておくべきポイントとは

初めてのライブ配信では、リスナーさんが来ない場合や話のネタなど、不安もありますよね。

そこで、初めてのライブ配信前に押さえておくべきポイントを最初に紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

ポイント① リスナーさんがいない時は自然体で過ごそう

ライブ配信する男性

リスナーさんがいない間、無理をして話をする必要はありません

自然体で過ごして、リスナーさんが来たら明るく挨拶しましょう。

ポイント② 話のネタはリスナーの好みに合わせよう

リスナーさんが来てくれて元気な挨拶が済んだら、リスナーさんの好みの話題を探ります。

リスナーさんのプロフィールを確認できるアプリなら、確認するのが一番ですね。

プロフィールには趣味や好きなことが掲載されています。

もしプロフィールからネタのヒントが掴めないなら、自分の趣味の話をしながら自然に相手に問いかけてみましょう。

ポイント③ 話のテンポをリスナーに合わせよう

リスナーさんによっては、会話をしたいというよりも、自分が話したい方もいます。

リスナーさんの話のテンポを読んで、合わせるように心がけましょう。

ポイント④ 初めてのライブ配信という状況を利用するのもアリ

初めてのライブ配信では、緊張で頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

そんな時は「初めてのライブ配信で緊張していて、何を話していいかわからなくなってしまった」と素直にリスナーさんに伝えてみましょう。

話題を提供してくれたり、ライブ配信について色々と教えてくれたりしますよ。

リスナーさんも「頼られている」「助けてあげたい」などという気持ちになり、決して嫌な気分にはなりません。

初めてのライブ配信限定の思い出として記憶に残るため、リスナーさんとの距離感も一気に近付けます。

ライブ配信でおすすめのネタ・使ってはいけないネタは?

ライブ配信を盛り上げていくためにも、話しのネタはたくさん用意しておきましょう。

しかし、中にはあまりおすすめできないネタもあります。

おすすめのネタとNGなネタをそれぞれ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

ライブ配信におすすめのネタ5選

時事ネタ

時事ネタは尽きてしまう心配がなく、毎日更新されるため、最もおすすめです。

ネタの仕入れ先はTwitterの「トレンド」

ツイッターの「話題を検索」からすぐに見られるので簡単にネタを探せます。

スマホはスタンドでカメラの脇にセットしておくのもおすすめです。

ネタに困ったら、すぐにチェックできますよ。

日常ネタ

天気や今日あったこと、興味をひかれたものを話すのもアリです。

日常ネタは自然体で話やすいのがメリット。

リスナーさんに対してフレンドリーに話しかけると盛り上がりやすくなりますよ。

仕事ネタ

昔アルバイトでこんな経験をした、仕事がきつくて大変だったなど、仕事の体験談もネタになります。

愚痴を言い合うのも盛り上がりますが、度が過ぎると引かれてしまうので要注意。

また収入に関する話題も避けるのがおすすめです。

地元ネタ

地元の名産品や観光地情報、お祭りのような伝統文化を話題にしてみましょう。

盛り上がりやすく、地元が近ければ親近感がわいて、リスナーさんとの距離も縮められます。

ただし、住所の特定には注意しましょう。

地域が限定されてしまうような話題は避けて、居住地域を聞かれても決して応えないようにしてくださいね。

配信場所を変える

時には撮影場所を変えてみるのもいいですね。

いつもとは違った雰囲気もあり、新たなネタを見つけやすくなります。

おしゃれなカフェや、イベントへの参加、温泉などがおすすめです。

しかし外での撮影は、自分以外の人の映り込みに注意が必要です。

他の人が映らないように気を付けたり、どうしても映ってしまうなら許可をもらったりしましょう。

ライブ配信におすすめしないNGネタ

収入の話題はNG

リスナーさんの収入は聞いてはいけません

収入は簡単に打ち明けていいものではないですし、お金目当てと思われてしまいます。

せっかく来てくれたリスナーさんとは楽しくコミュニケーションを取りましょう。

思想に関する話題はNG

政治や宗教など、思想に関わるネタはやめましょう

意見が分かれやすく、デリケートな話題なので、リスナーさんと対立するリスクがあります。

気軽で明るい話題のほうがリスナーさんにも楽しんでもらいやすいですよ。

性的な話題や服装はNG

  • 下着姿を見せること
  • 肌を露出しすぎること
  • 性的行為および性的感情を抱かせる発言や行動と思われること

ライブ配信アプリの「Poccocha(ポコチャ)」では、上記の行為は性別を問わず禁止されています。

下ネタもやめておくのがおすすめです。

リスナーさんに「下品」と思われてしまい、チャンネル離れの原因になりかねません。

容姿に関する話題はNG

意外に多いのが、容姿にコンプレックスを抱えている方です。

例え誉め言葉だったとしても、リスナーさんを傷つけてしまう可能性があります。

有名ライバーになるためのコツ-豊富なネタだけでは有名になれない!?

り多くのファンを獲得するのに必要なのは、豊富なネタだけではありません

コツを身に付けて、たくさんのファンに囲まれたライブ配信を目指してみましょう。

コツ① 元気な挨拶を忘れない

視聴しに来てくれたリスナーさんには、必ず元気に挨拶しましょう。

他のリスナーさんとの話を遮ってしまっても構いません。

挨拶されたリスナーさんは「気にかけてもらえた」と感じますし、話しを遮られたリスナーさんも元気な挨拶を見るのは気持ちのいいものです。

遮ってしまった話題は、新たにきたリスナーさんに、話の経緯を説明しながら再開できます。

コツ② リアクションはオーバー気味に

有名ライバーさんはオーバーリアクションが特徴の1つです。

ギフトを貰った時はもちろん、コメントにもオーバーリアクションで対応しています。

コメントやギフトへの反応が、リスナーさんに伝わりやすいため、喜んでもらえます。

コツ③ プロフィールを充実させよう

リスナーさんは、プロフィールを見てから視聴する傾向にあります。

趣味や休日の過ごし方など、共通点があったほうがライブ配信を楽しみやすいと思っているからです。

プロフィール写真も、気を付けたいポイントです。

髪型と服装を整えて、顔だけの写真と全身写真など、何枚か準備しておくのがおすすめ。

髪型やファッションに共通点を見つけてもらえる場合もあります。

コツ④ 配信時間を決めておく

配信時間は必ず固定しましょう。

リスナーさんが配信時間に合わせて訪問してくれます。

ゴールデンタイムと言われる配信時間は21~24時です。

しかしライバルの多い時間帯でもあるので、初心者なら7~9時の通勤タイムやランチタイム、22~26時の深夜帯を狙ってみるのがおすすめです。

コツ⑤ できるだけ毎日配信する

最初のうちは毎日、そして1時間以上配信するようにしましょう。

配信時間が長くなると、ピックアップされやすくなるライブ配信アプリもあるからです。

例えば「Poccocha(ポコチャ)」では配信時間の長さとリスナーさんが使ったアイテムの量によってランクが決まります。

有名ライバーに近付けるだけでなく、収入も得られるので一石二鳥ですよ。

初心者におすすめの配信ジャンル5選

続いてお伝えするのは、おすすめの配信ジャンルです。

配信ジャンルを決めかねている方は参考にどうぞ。

音楽

カラオケが得意だったり、楽器の演奏ができたりするなら音楽配信がおすすめ。

「Poccocha(ポコチャ)」のようにカラオケ機能が付いているアプリなら手軽に配信できます。

歌や楽器には言葉の壁がないのも魅力です。

国内だけでなく、海外のリスナーさんを獲得できます。

フィットネス

ヨガや筋トレなどのフィットネスはYouTubeでも人気があるジャンルです。

新型コロナウイルスの影響で、おうち時間が長くなっている背景もあって、ニーズが高まっています。

リラックス効果のあるBGMを流しながら、リスナーさんと一緒にやってみましょう。

人気とダイエットの両方を得られるかもしれませんよ。

コスプレ

可愛いコスチュームは男女どちらにも人気があります。

メイド服やチャイナ服、アニメのコスプレなど様々なコスチュームに挑戦してみましょう。

特にアニメは世界的な人気があり、海外リスナーさんにも喜ばれます。

ゲーム

バトルロワイヤルやロールプレイングなど、ゲームが好きなら間違いのない選択です。

パソコンを使わない場合「キャプチャーボード」を購入しなければいけないのがネックですが、ゲームを楽しみながら収入を得られる、ゲーマーにとって理想の仕事になります。

国内外、男女問わず高い人気がある配信ジャンルです。

クッキング

クッキングは、配信する時間帯が大切なポイントの配信ジャンルです。

18~22時がゴールデンタイムと言われ、オリジナルの料理やレシピの配信が人気を集めています。

20時以降なら料理だけでなく、お酒のおつまみレシピを配信するのもおすすめ。

仕事から帰ってきて、一杯飲みたいリスナーさんと一緒にお酒とおつまみを楽しめます。

初めてのライブ配信で注意すべきポイント3つ

楽しくライブ配信を続けるために、注意すべきポイントがあります。

初めてライブ配信をする際に気を付けてください。

個人情報をもらさないように気を付ける

個人情報がもれてしまうと、ストーカー被害に遭うリスクが高くなったり、悪用されてしまったりします。

配信時に個人情報や、外の風景が映りこまないように注意しましょう。

外の風景はささいな情報に感じますが、カメラの画質が向上しているため、自宅を特定される可能性が高くなっています。

ライブ配信アプリの規約違反はしない

喫煙の可否や服装など、ライブ配信アプリごとに規約が違います

そのため、自分が利用するアプリの規約は必ず目を通しておくのがおすすめです。

また規約をチェックする際はメモ帳やふせんを準備しておきましょう。

メモ帳やふせんに大事なことを書き残しておけば、見返したい時にサイトにアクセスする手間がなくなります。

犯罪行為や違反行為をしない

犯罪行為をしないよう注意するのは常識です。

しかし、見逃しがちなのが違反行為です。

例えばスピード違反。

普段は2~3km/hの違反なら見逃されがちですが、ライブ配信では通報される場合があります。

ライブ配信中は、いつも以上に細かい違反まで気をつけましょう。

初めてのライブ配信アプリなら「Poccocha(ポコチャ)」がおすすめ

「Poccocha(ポコチャ)」はDeNAが運営するアプリで、安心安全なセキュリティと、利用者数の少なさが特徴です。

また顔出し雑談が多く、初心者でも溶け込みやすく、ライブ配信が楽しみやすいのも魅力です。

利用者数が少なくライバルも少ないため、有名ライバーになるチャンスもあります。

収入を得やすい仕組みも整っているため、ぜひお試しください。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社