【2024年】IRIAMのヘッダー・アイコンの設定方法とサイズとは

IRIAMのヘッダー・アイコンの設定方法について

IRIAMでVライバーになりたい方の中で、ヘッダーやアイコンの設定にお困りの方はいらっしゃいませんか。ヘッダーやアイコンやライバーの印象を決める非常に重要な情報なので、真剣に作成する必要があります。

この記事では、IRIAMのヘッダーやアイコンの役割や推奨サイズ、設定方法などについて詳しく紹介します。

IRIAMとは

IRIAMは2018年に開始されたライブ配信アプリです。

多くの配信アプリがアバターをアプリ上で作成するのに対し、IRIAMは個人のイラストをアバターにでき、個性豊かな配信ができる点が人気を集めています。

顔出しせずにスマホ一台あれば活動できるので、身バレに抵抗がある人や、手軽にVライバーを始めてみたい人におすすめのアプリです。

また、IRIAMは「モーションライブ方式」と呼ばれる独自の配信方法も大きな特徴です。この方法により、配信者の表情に合わせてイラストがリアルタイムで動くので、快適な配信を楽しめます。

IRIAMのヘッダーについて

IRIAMでライブ配信を行い人気を獲得するには、配信内容はもちろんプロフィール設定も工夫することが大切です。

プロフィールで重要な役割を果たすのが「ヘッダー」で、IRIAMでは画像の薄いグレーの部分を指します。

この章ではヘッダーについて詳しく解説します。

ヘッダーとは

ヘッダーとは、ユーザーのプロフィール画面の一番上に表示される画像のことです。

ヘッダーはプロフィールの中で最も大々的に自分のことをアピールできる部分と言えます。そのため、配信に興味を持ってもらえるよう分かりやすく、目を引く画像を設定することが大切です。

ヘッダーの推奨サイズ

ヘッダーのサイズはアプリによって異なります。適切なサイズの画像を設定しないと見切れて肝心の部分が伝わらなかったり、見栄えが悪くなったりするため丁寧に設定することが大切です。

IRIAMでの推奨サイズは縦480ピクセル×横1125ピクセルです。

適切な画像サイズになるように、無料のサイズ変更アプリ等で調整してから設定することをおすすめします。

ヘッダーの設定方法

  1. ホーム画面で「マイページ」アイコンを押す
  2. マイページでヘッダー部分の「変更」を押す
  3. 任意の画像を設定する

ヘッダーはアイコンよりも大きい画像のため、より自分の情報を載せてアピールできる手段です。そのため、「Canva」などの簡単に自分で画像が作れるアプリを使い、推奨サイズに合わせてあらかじめオリジナルのヘッダーを作っておくのがおすすめです。

画像を作る際はカスタムサイズにて「480ピクセル×1125ピクセル」を設定してから作り始めましょう。

IRIAMのアイコンについて

ヘッダーとアイコンは同じ画像ですが、果たす役割が異なってきます。

画像の中の赤い矢印で示した丸い部分がIRIAMのアイコンです。

ここではアイコンのサイズや設定方法について詳しく解説します。

アイコンとは

IRIAMのアイコンとは、プロフィール画面に丸い枠で表示される画像のことです。

自分に興味を持ってもらう最初のきっかけになる部分なので適切な設定がとても重要です。

ライバーは自分のキャラクターを設定するのが一般的でしょう。どのような雰囲気の配信を目指すのかによって、キャラクターの表情や背景を決めるととても効果的です。

アイコンの推奨サイズ

ヘッダーとは違い、アイコンは画像が丸く切り取られるので、重要な部分が消えてしまわないよう注意する必要があります。

IRIAMにおける推奨サイズは縦513ピクセル×横513ピクセルです。

また、IRIAMではアイコンの上部にライバーが配信を行っている場合に「LIVE」と表示されたり、「盛り上がりスコア」(リスナーのコメントやギフト数に応じ決定されるスコア)が表示されるのが特徴的です。

アイコンの設定方法

  1. ホーム画面で「マイページ」アイコンを押す
  2. マイページでアイコン部分の「変更」を押す
  3. 任意のアイコンを設定する

IRIAMのアイコンは、大事な部分が見切れるなどの事態を防ぐために、「Canva」や「アイビスペイントX」などの画像編集アプリを使って推奨サイズにあらかじめトリミングしておくと綺麗に仕上がります。

画像編集アプリでは、「カスタムサイズ」機能があり、自分の希望の画像のピクセル数に元画像を切り取ることができます。

この機能を活用して「513ピクセル×513ピクセル」に切り取った画像を、プロフィール画面で設定しましょう。

IRIAMのアイコン設定時の注意事項

アイコンに設定する画像は、基本的にユーザーの好みのものに設定できますが、公序良俗に反していないか、著作権を侵害していないか注意する必要があります。

そこで、設定時に意識すべき注意事項を紹介します。

人を不快にする画像にしない

ライバーは配信を通して人を幸せにできる仕事です。そのため、ライバーの第一印象を決めるプロフィール画像が不快なものだと、ファンが減り人気も得られないだけでなく、運営側からアカウント凍結を受けたりする可能性があります。凍結されると収益化が取り消しとなったりIRIAMの利用ができなったりするので絶対にやめましょう。

著作権に反していないオリジナル画像にする

他者が作成した画像やイラストを許可なく使用すると、著作権侵害に当たり損害賠償請求や刑事罰を受ける可能性があります。

具体的には「10年以下の懲役」または「1000万円以下の罰金」もしくはその両方が課せられるかもしれません。(参考:「著作権法」https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=345AC0000000048)

アイコンやヘッダーには必ずオリジナル画像アイコンやヘッダーには必ずオリジナル画像か、製作者から許可を得た画像を使うようにしましょう。

個人情報を含まない画像にする

名前や自分の顔写真を含む画像にすると、本人が特定される危険があるので注意が必要です。

また、一見個人情報がない画像でも、背景等で場所が特定される危険もあるので、画像を設定する際は複数の観点から個人情報が漏れないか確認するのがおすすめです。

実写画像は設定しない

IRIAMはアバターを使って配信する顔出しなしの配信アプリです。そのため、アイコンの画像も基本的には自分のアバターを使う場合が多いです。

個人情報を守るためにも実写画像は設定しないようにしましょう。

まとめ

この記事では、IRIAMのヘッダーやアイコンの設定方法や推奨サイズ、設定するメリットなどについて紹介しました。IRIAMのヘッダーやアイコンは、新規リスナーがライバーに興味を持ってもらい実際に配信に来てもらうようにする上で非常に重要な役割を果たします。

作成する際は、デザインのコツを押さえながら、短時間でリスナーの心を掴む画像にすることが大切です。

自分のアピールポイントを魅力的に伝えるヘッダー・アイコンを作成して、多くのファン獲得を目指しましょう。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社