【気になる】Vライバーの収入事情とは?Vtuberとの違いも解説!

VtuberとVライバーの違いとは?

「Vライバー」とはアプリ上でライブ配信を行い、視聴者からのギフトをもらって収入を得る新しい職業です。

似た仕事として「Vtuber」の存在がありますが、VライバーかVtuberのどちらを選ぶべきか迷いませんか?

本記事ではVライバーとVtuberの違いの他、次の内容を紹介していきます。

  • Vライバーの仕事内容やおすすめのライブ配信アプリについて
  • Vライバーの収入について
  • Vライバーのメリット・デメリット

「Vライバーとしてデビューしてみたいけど、自分にもできるのかな?」

こうしたモヤモヤを解決できる内容を紹介していますので、最後まで読んでみてくださいね!

「Vライバー」とは?

「Vライバー」とは、TikTokに代表されるライブ配信アプリを使って活動する人たちを指します。

最大の特徴は、イラスト形式のバーチャルキャラクターを用いてライブ配信を行うことであり、YouTuberのように素顔を出して活動できない人でも気軽に始められる点が人気を集めています。

また、ライブ配信を通じて視聴者から贈られたギフト(投げ銭)から収入を得られるため、趣味や副業の1つとして始める人が多いことも特徴です。

VライバーとVtuberとの違い

「Vライバーに」似た言葉として「Vtuber」がありますが、それぞれの違いはなんでしょうか?

結論としては「配信方法」と「配信アプリ」の2つが異なります。

それぞれの特徴をまとめた表を見てみましょう。

項目VライバーVtuber
配信方法ライブ配信動画投稿
ライブ配信
配信アプリTikTok
IRIAM
REALITY
YouTube
キャラクターイラストの使用ありあり
配信者とのコミュニケーション方法コメント
ギフトプレゼント
コメント
収入源ギフト
広告収入
スーパーチャット
有料会員特典(メンバーシップ)
広告収入


「Vライバー」は専用のライブ配信アプリを用いて活動するのに対し、「Vtuber」はYouTubeを中心に活動する点が異なります。

そのため、メインのプラットフォームがYouTube以外のライバーは「Vtuber」とは呼ばないと認識されています。

また両者は活動内容にも違いがあります。

Vライバーは基本的にライブ配信のみを行いますが、Vtuberはショート動画などの動画編集も行うことがあるため、Vライバーよりもやるべきことが多くなります。

【「Vライバー」と「Vtuber」の違い】まとめ
■Vライバー

ライブ配信を主に活動する。
ライブ配信アプリがあれば始められる気軽さが魅力。
まずは配信をやってみたい人や、動画編集が苦手な人に向いている。
■Vtuber

YouTubeでの活動がメイン。
ライブ配信だけでなく動画投稿も可能。
動画編集スキルが必要ではあるが、ライバーとして幅広い分野で活動したい人に向いている。

Vライバーの収入源は?

ここからはVライバーの収入事情について紹介していきます。

Vライバーの主な収入源は大きく分けて以下の3つです。

1.ギフト収入

視聴者から送られる有料ギフト(投げ銭)を換金することで得られる収入です。Vライバーにとって最大の収入源となります。

ギフトの金額や換金率はプラットフォームごとに異なりますが、高額なギフトを多くプレゼントされればそれだけ収入が上がる計算になります。

2.時給

時給が支払われるパターンは2つあります。

  • 配信アプリからの支払い(例:配信1時間ごとに換金できるギフトを配布 など)
  • 所属事務所からの支払い


※ただしアプリや事務所によっては時給制を導入していない場合もあります。
※また、個人で活動する場合も時給は発生しないため注意しましょう。

3.企業案件

個人・企業からの依頼に基づき、自身の配信で商品やサービスを紹介することで得られる収入です。

ギフト収入や時給とは異なり、依頼があって初めて得られる収入ですので、初心者が獲得するには難易度が高いと言えるでしょう。

Vライバー事務所に所属することで、個人で活動するよりも企業と繋がりやすくなります。将来的に企業案件を受けたい場合は覚えておきましょう。

実際の収入事情

では実際にVライバーとして活動している人たちの月収はいくらぐらいなのでしょうか?

結論から言うと具体的な月収を公表しているVライバーはいないため、正確な金額はわかりません。

ですが、人気ライブ配信アプリである「17LIVE」の運営会社が2020年に発表した内容には、収入を予測出来るデータが公表されていました。

データによると『1ヶ月で3万円以上稼いだライバーは全体の約38%であり、残りの約6割は0~3万円未満の収入を得ている』という結果でした(※1)。

「人気Vライバーの月収は100万円以上」とも噂される中、Vライバーが収入を得るのは難しい実態がわかります。

「じゃあVライバーって稼げないの?」と思われるかもしれませんが、Vライバーが収入を得やすい仕組みを作って運営している配信アプリもあります。

次の項目で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

※1:“ライバー(ライブ配信者)という職業”が、6-8月のコロナ禍においても倍増 | 17LIVE株式会社のプレスリリース

Vライバーが収入を得るなら「IRIAM」がおすすめ

「IRIAM」は日本発の無料ライブ配信アプリで、Vライバーを中心に様々なクリエイターが活動するプラットフォームです。

「IRIAM」の大きな特徴は、収益化しやすい仕組みを2つ採用している点です。

【IRIAMが採用している収益システム】
  • ライブ視聴者からのギフト(投げ銭)

  • ライバーのランクに応じて支払われる時給

  • 「ギフト」と「時給」という2つの仕組みが実装されているため、ライブ配信アプリの中でも収益化しやすくなっています。

    新規の視聴者を獲得できるイベントも定期的に開催されており、運営側もVライバーの活動支援に積極的であるため配信アプリに迷ったら「IRIAM」を利用してみてくださいね。

    Vライバーのメリット・デメリット

    本項目ではVライバーになるメリットとデメリットを紹介しています。
    事前に知っておくことで、より快適で楽しいライバー活動を行うヒントも紹介していますので、最後までチェックしてみてくださいね。

    Vライバーのメリット

    ・空いた時間で活動できる

    Vライバーは基本的に自分のタイミングで配信できるため、時間に縛られず活動できます。

    本業の合間や休日など、私生活との両立がしやすいことが大きな利点です。

    ・収入の機会が得られる

    視聴者からのギフトなどを換金することで副収入を得ることも可能です。

    まとまった金額を得るには努力や工夫が必要ですが、自分の頑張りで収入が得られればライバー活動のモチベーションにも繋がります。

    ・少ない初期投資でスタートできる

    Vライバーは初期投資が少なく済むこともメリットの1つでしょう。

    Vtuberの場合は動画編集を行うために高価なパソコンやソフトが別途必要です。

    Vライバーはスマホと配信アプリさえあれば始められますので、配信活動にお金をかけられない方にもおすすめです。


    Vライバーのデメリット

    ・プライバシー対策が必要になる

    キャラクターやイラストを用いて配信するとはいえ、プライバシー対策は必須です。

    過去には何気ない発言から住所が特定されたり、ストーカー被害に合ったりしたライバーもいます。

    個人情報が特定されるような配信・発言はしないように注意しましょう。

    ・ハラスメントリスクがある

    ライバーにはセクハラや誹謗中傷といった、ハラスメントに関するトラブルが付きものです。

    配信前に禁止事項を周知するなどの自己防衛も必要ですが、完全に防ぐことは困難であることを理解しておきましょう。

    ・安定して稼ぐことは難しい

    ギフト収入は視聴者数次第であり、時給収入も配信しなければ支払われないため、安定した収入を得るのは難しい側面があります。

    Vライバーとして収入を得たいのであれば、ライバー事務所に所属して配信のノウハウを学ぶことも可能です。

    あなたの理想に合わせて検討してみてくださいね。

    まとめ

    本記事のまとめです。

    • VライバーとVtuberは活動プラットフォームや配信内容に違いがある
    • ライバーの多くは0~3万円未満の収入を得ながら活動している
    • 収益化しやすい仕組みがある配信アプリを利用することが収益化への近道である

    Vライバーは気軽に始められる一方で、収益化を目指すのであれば、配信アプリや配信内容を考えて活動し続ける粘り強さが求められます。

    しかし、アプリの運営側もライバーが活動しやすい仕組みや、専用の事務所を設立するなどして、ライバーを支援する取り組みが広がっています。

    「Vライバーとして活動したい!」という熱意が冷める前に、本記事で紹介した配信アプリやヒントを参考にしてライバーデビューを目指してくださいね!

    会社概要

    LIVEwith HP
    運営会社:dely株式会社