VtuberとVライバーの違いとは?収入やアプリの違いを徹底調査

VtuberとVライバーの違い

Vライバー、Vtuberという存在が世間に知られるようになってきました。

近年ではアイドルや俳優のファンと同じように、VライバーやVtuberのファンになる方も多いです。

今回はVライバーとVtuberの違いについて主にご紹介していきたいと思います!

Vライバーとは

Vライバーとはバーチャルのアバターを用いてライブ配信をする人のこと。

バーチャルアバターによって顔を隠すことが出来るので、声のみに着目して欲しいという方や、身バレしたくないという人にもおすすめです。

VtuberとVライバーの違い

配信アプリの違い

Vtuberとは、Youtubeでバーチャルキャラクターやイラストを用いて、自分自身の顔出しをせずに配信しているバーチャルライバーのことです。

また、Vライバーとは、Youtubeを除いたTikTokやIRIAM、REALITYなどのライブ配信アプリで配信しているライバーのことを指します。

ライブ配信場所がYoutubeとライブ配信アプリで異なるだけであり、それ以外に大きな差はありません。

しかし配信場所によっては視聴者の性別や年齢、強みなどが異なるため、どこでライブ配信するかも重要になっています。

リアルタイム配信かどうかの違い

Vライバーはリアルタイム、Vtuberは撮影した動画を投稿するという違いがあります。

Vライバーはライブ配信を主としているため、ライバーと視聴者の交流がリアルタイムで行われるという点が特徴的です。

ただし、リアルタイムで発信されるため、言葉や言い回しなどに注意して活動する必要があります。

一方、Vtuberは事前に撮影した動画をYouTubeに投稿するため、自ら編集してテロップを入れたり、言葉の注釈を入れたりすることができます。

収益方法の違い

Vライバーは「投げ銭」、Vtuberは「広告動画」からそれぞれ収益を得ることができます。

Vライバーの収益となる投げ銭は、ライブ配信中に視聴者が直接ライバー本人にお金やアイテム(後に換金可能)を送る仕組みです。

一方、Vtuberの収益になる広告動画とは、自分が投稿したYouTube動画が視聴されているときに流れる広告から得る収益のことです。

有名Vtuberであったり、動画の再生回数が多ければ多いほど広告の流れる回数も増えるため、Vtuber本人の収益も多くなります。

かかる費用の違い

ライブ配信とYoutube投稿は、どちらも何かしらの機材を使うことになります。

ライブ配信はスマホもしくはPCがあれば、配信開始することができます。

一方Youtubeはスマホやカメラ等の撮影機材に加えて、動画編集するためのPCが必要になります。

そのため、すぐに始めたいとなった場合はライブ配信の方が始めやすい環境となっています。

また、さらに質の高い配信や動画投稿をするため、上記に加えて照明やマイク等の機材にこだわっている方も多くなっており、VライバーやVtuberのレベルが年々高くなっています。

まとめ

今回はVライバーとVtuberの違いについてまとめました!

配信アプリや収益方法の違いなど、さまざまな違いについて理解することができたと思います。

それぞれ強みが異なるため、自分に合っている方を選んでみてくださいね!

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社