ライバー事務所からのスカウトとは?|事務所に所属する方法

ライバー事務所からのスカウトを待っていませんか?

ライバー事務所に所属するには、スカウトまたは自分から応募する方法があります。

では「どのように活動すればスカウトされるのか」また「スカウトと応募ではどのような違いがあるのか」理解しているでしょうか。

ライバー事務所に所属したい人は、さまざまな角度から、スカウトと応募の違いを把握しておくと良いです。

ライバー事務所がスカウトする理由

ライバー事務所にスカウトされるためには、事務所がスカウトする目的を知っておくと良いでしょう。

事務所側の目的から逆算して、活動方法を考えられます。

ライバー事務所がスカウトを行う理由は、主に3つです。

  • 人気の高いライバーが欲しい
  • 自社のトップに立てるライバーを育てたい
  • 所属ライバーを増やして規模を広げたい

それぞれの事務所の目的から、どのような活動を行っていくべきか、考えておきましょう。

人気の高いライバーが欲しい

ライバー事務所は、基本的に人気のライバーを狙っています。

人気の高いライバーに声をかける理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 成長のサポートを省ける
  • 利益が見込める
  • 自社のメインライバーとして育てられる

また、単純に人気の高さから、目に留まりやすい点も挙げられるでしょう。

ライバーとしてスカウトをされる一番早い方法としては、とにかくファンを増やす活動です。

人気ライバーになれば、さまざまな事務所からスカウトが届くようになるでしょう。

自社のトップに立てるライバーを育てたい

比較的規模の小さい事務所は、自社のトップに立てるライバーを育てるために、スカウトを行います。

1からライバーを育て、看板ライバーになれば、事務所側の大きな経歴になるからです。

ただし、比較的規模の小さい事務所であるため、大手ほどのサポートは見込めない可能性があります。

「一緒に頑張って大きくしていきましょう」というような、パートナーになれるライバーを探している場合がほとんどです。

所属ライバーを増やして規模を広げたい

中規模のライバー事務所の場合、単純に所属ライバーを増やす目的でスカウトするケースもあります。

所属ライバーを増やし、実績を多く持てば、事務所としての強みにもなるからです。

ただし、なかには数を増やしたいだけのライバー事務所もあります。

数だけ増やしてサポートが弱い事務所もあるので、十分に見極める必要があるでしょう。

ライバー事務所の主なスカウト方法

ライバー事務所からのスカウト方法は、主にSNSを通じて行われます。

たとえば、ライブ配信中にコメントで「事務所に所属しませんか?」と誘われるようなケースはありません。

主にスカウトされるSNSとしては、Twitterとインスタグラムの2つです。

そのため、ライバーはSNSでの活動も、積極的に行わなければいけません。

TwitterからのDM

ライバー事務所からの主なスカウト方法として多いのは、TwitterからのDMです。

ライブ配信を見た事務所関係者が、Twitterを通じてスカウトします。

ただし、なかにはライブ配信自体を見ていないのにも関わらず、不特定多数にDMを送っている事務所や代理店もあります。

実際に、Twitterでは以下のような不満も多いです。

  • 詳細を聞いたら返信が来ない
  • ライバーでもないのにスカウトDMが来た
  • プロフィールを見ていないようなDMが来た

Twitterは、数増やしの事務所が多いので、怪しいと思ったら必ず詳細を確認しておきましょう。

インスタグラムからのDM

インスタグラムからも、ライバー事務所のスカウトDMが届きます。

インスタグラムの場合は、過去の投稿やリアクションの数をチェックされている場合も多いです。

ただし、Twitterと同様、数増やしの業者も確認されています。

  • フォロワーが少ないのにスカウトDMが来た
  • 男性なのに女性限定のスカウトが来た

インスタグラムからのDMも、確実に安心できるライバー事務所とは言えないので、詳細を確認しておきましょう。

ライバー事務所のスカウトでチェックしておくべきポイント

ライバー事務所のスカウトのなかには、悪質な事務所もあります。

また、悪質ではないものの、サポート体制が弱い場合もあるので、どのような活動を行っているのか、必ず確認しておいてください。

チェックしておくべきポイントは、3つです。

スカウトメールが来た場合は、すぐに契約を進めるのではなく、自身で確認してから話を進めていきましょう。

契約内容

必ずチェックしておくべきなのが、契約内容です。

事務所側に有利で、ライバー側にデメリットがあるような契約内容になっていないか、確認しておきましょう。

とくに重要なのは、報酬関連やペナルティ、ノルマです。

報酬が低かったり、何かしらのペナルティがあったりするような事務所は、優良な事務所とは言えません。

事務所の公式サイト

事務所の名前が確認できるなら、まずは公式サイトを確認しておきましょう。

ホームページの情報がすべてではないものの、判断する材料がないのは不安要素が大きいです。

たとえば、ホームページ自体がなかったり実績がなかったりする場合は、怪しい事務所と考えて良いでしょう。

どうしても気になる場合は、DMの相手に「ホームページなど詳細を確認できる資料はありますか?」と確認してください。

サポート体制

ライバー事務所に所属するメリットは、個人ではできないサポートです。

そのため、サポート体制の弱い事務所は、所属する意味がありません。

確認しておくべき内容は、報酬還元率などのお金に関する内容や、配信のノウハウに関する内容です。

ライバーとしての活動を広げるためには、サポートがしっかりしているライバー事務所を選びましょう。

スカウトで事務所に所属する場合と応募で所属する場合の違い

スカウトでライバー事務所に所属するのと自身で応募するのとでは、待遇に違いがあります。

なぜなら、スカウトは事務所側が欲しがっているライバーだからです。

事務所側が欲しがっているライバーであれば、所属してもらうために報酬なども多くする傾向があります。

具体的にどのような違いがあるのか、知っておきましょう。

報酬

スカウトと応募では、報酬に差があります。

報酬還元率に関しては、事務所によって異なりますが、基本的には人気になればなるほど報酬還元率が上がる仕組みです。

しかし、スカウトの場合は最初から人気のある状態であるため、所属した最初から最大報酬還元率になる場合があります。

応募の場合、最初の報酬還元率が低い場合もあるので、どの位の還元率になるかは事前に確認しておきましょう。

サポート体制

スカウトと応募では、サポート体制に違いが生じる場合もあります。

なぜなら、スカウトしたライバーの方が、サポートする部分が多いためです。

ファン対応にイベント企画、各種仕事の案件など、人気ライバーならではのサポートが多くあります。

一方で、応募する「これから育つライバー」へのサポートは、育成ノウハウの提供がほとんどです。

ただし、応募かスカウトかで変わるというよりも、大事なのは「人気があるかないか」になります。

応募だとしても、人気のあるライバーなら、充実したサポートを受けられるでしょう。

ライバー事務所からスカウトされない場合の対処法

ライバー事務所からスカウトされなくても、落ち込む必要はありません。

スカウトだけが、事務所に所属する方法ではないからです。

以下2つの方法で、事務所に所属できます。

  • ライバー事務所へ応募
  • 自分で事務所を立ち上げる

個人での活動に限界を感じているのであれば、いずれかの方法で事務所所属を検討してみてください。

ライバー事務所へ応募

スカウトが来なくても、自分から所属したい事務所へ応募可能です。

多くのライバー事務所では、基本的にライバーの応募を随時行っています。

ただし、当然応募したからといって、必ず所属できるわけではありません。

大手であればあるほど、所属できない可能性もあります。

自分で事務所を立ち上げる

「事務所に所属したいけど、自分と合う事務所が見つからない」という人は、自ら事務所を立ち上げる方法もあります。

事務所を立ち上げるというと、難しく考えてしまいますが、事務所立ち上げサポートなどを活用すれば、自分の事務所を設立できます。

自身のみが所属する事務所として運営するのも良いですし、自分の手で新たなライバーを育てるのも良いでしょう。

副業としてライバー事務所を立ち上げる人も増えているので、高いハードルではありません。

ライバー事務所にスカウトされなくても事務所所属は可能

ライバー事務所に所属するなら、スカウト以外の方法も考えておきましょう。

スカウトを待つ方法は時間がかかります。

また、スカウトは決して優良な業者だけではないので、注意が必要です。

自ら応募したり、事務所を立ち上げたり、事務所に所属する方法はスカウトだけではありません。

自身にとってどの形で所属するのが良いのか考えた上で、活動の方向性を考えていきましょう。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社