Facebook Liveの魅力と配信方法を解説

FacebookにはFacebook Liveというライブ配信機能が備わっており、ビジネスとも相性が良いんです。

一方、「Facebook Liveを使うメリットって何?」「どうやって使うの?」といった疑問をお持ちの方も多いはず。

そこで、本記事ではFacebook Liveの特徴や使い方について解説していきます。

Facebook Liveとは

オンラインで会話をする人

Facebook Liveとは、Facebookのアカウントを持っている人なら誰でもスマートフォンやパソコンで簡単に配信をすることができる便利なライブ配信機能です。

Facebook Liveのメリット

オンラインで会話する様子

以下、Facebook Liveならではの魅力を紹介していきます。

30歳以上の人・ビジネスパーソンをターゲットとした配信に最適

数あるソーシャルメディアの中でもFacebookは30歳以上のユーザーが多く、ビジネスパーソンに利用者が多いという特徴があります。

こうした特徴を活かして、企業や個人事業主がオンラインセミナーやオンラインサロン等のコミュニティ内のライブにFacebook Liveを活用するケースが増えています。

このように、30歳以上の人やビジネスパーソンをターゲットとした配信を行うのに効果的という点が魅力の1つとして挙げられます。

配信の公開範囲を設定できる

Facebook Liveでは、配信の公開範囲を決めることができます。

Facebook Liveの共有先には

  • 公開=ユーザー以外も含めた全ての人
  • 友達=友達全員
  • 次を除く友達=指定した友達以外
  • 一部の友達= 指定した友達のみ
  • 自分のみ= 自分のみ

の5つの項目があり、加えて共有先を特定のグループに設定することもできます。

不特定多数に向けたオープンな配信だけではなく、特定の友人だけに公開したり、逆に見て欲しくない人だけを除外したクローズドな配信もできるのが特徴です。

特定のコミュニティに向けて発信ができる

Facebook Liveでは特定のグループ限定のライブを行うことができるといった利点があります。

例えば、オンラインサロンを運営している人は、会員だけのグループを作ってそこから会員限定のライブを行うといったことも可能です。

配信中は見ている人もコメントいいねといった機能を使うことができるので、一方的に発信するだけでなく、相互のコミュニケーションを取ることができますよ。リアルタイムの交流を深められることで、より濃密なコミュニティづくりが可能になります。

配信した動画の投稿・保存が可能

Facebook Liveでは配信した動画を投稿したり、端末に保存することが可能です。

動画を投稿として残す場合は、配信終了後にタイムラインに投稿することができます。配信した動画アーカイブとして残したり、端末に保存して再利用することができるのは嬉しいポイントですよね。

Facebook Liveの配信方法

スマートフォンとパソコンを操作する手元

続いて、Facebook Liveを使った配信のやり方について解説していきます。

配信場所

Facebook Liveは以下の3箇所いずれかで行うことができます。

  • 個人アカウント
  • Facebookページ
  • Facebookグループ

最も一般的に使われるのがFacebookユーザーが全員が持っている個人アカウントです。

個人のアカウントとは別に開設できるFacebookページで配信を行う場合のみ、アカウントなしでも視聴可能になっています。

グループで配信を行う場合は、グループ参加者のみが視聴できる限定ライブになります。

スマホで配信する

スマホで配信を行う際はFacebookアプリを使います。最初に、アプリを開いてホーム画面の「ライブ動画」を選択。

続いて、「シェア先」ライブの公開範囲を設定「タップして説明を追加」からライブの説明を入力し、「ライブ動画を開始」を押して配信をスタートさせましょう。

パソコンで配信する

PCで配信をする際、場合によっては別途Webカメラやマイクを用意する必要があります。ご自身のPCのスペックに合わせて必要な機材を準備しておきましょう。

まずFacebookを開いて、投稿作成にある「···」をクリック。続いて「ライブ投稿」をクリックしましょう。

投稿先・公開範囲を設定。投稿先は「タイムラインに投稿」「管理しているページに投稿」「グループに投稿」から選べます。

次に、ライブ動画の設定方法を選択。PCにあらかじめついているカメラで配信するなら「カメラを使用」を、OBSなどのソフトを使うなら「ストリームキーを使用」を、複数のカメラやマイクを使用する場合は「ペアリング済みのエンコーダーを使用」を選びましょう。

配信動画の投稿・保存

配信し終わった動画の投稿・保存は配信終了時のタイミングで行います。

スマホでは、「終了」を押すことでライブ終了画面が表示され、同時に「タイムラインに動画を投稿」「HDでアップロード」という項目も表示されます。

全てチェックをした状態で「シェア」を押すと動画が投稿されます。また、配信終了時に表示される「保存」を押せば動画が端末に保存されます。

PCの場合は、配信終了時に「動画を削除」を選択しなければ、そのままタイムラインに動画が投稿されますよ。

まとめ

笑顔でパソコンを見つめる人

ここまで、Facebook Liveの魅力や使い方について紹介してきました。

ユーザーの年齢層が高くビジネスパーソンの利用者が多い・限定ライブが可能・アーカイブを残せるといった魅力を活かして、ご自身のビジネスやコミュニティの活性化に有効活用してみてはいかがでしょうか。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社