人気急上昇中ライバーについて解説 仕事にできるのか

 近年ライバーという言葉をよく聞くようになってきたと思います。

 ライバーとはlive配信をする人、というのは分かるけど、実際稼いでるのかや副業や趣味などと、実態をあまり理解できないという方も多いのではないでしょうか。

ライバーの専業の方の実態やライバーになるためにはなど詳しく解説します。

ライバーとは

 近年までライバーという職業は一般的に浸透もしていませんでした。

しかし、インターネットの急速的な普及に伴い、ライバーが浸透し、普及してきました。

各プラットフォームもライブ配信事業に力を入れ配信を行えるサイトも急激に増えてきました。

テレビのCMでも、有名人が宣伝しており、メジャーな業界になっています。

また、これまで一般人の配信が多かったものが、芸能人も参加してきて、活気づいています。

ライバーになるためにいる特別な資格や、経験はいりません。

顔が特別イケメンや美人しかなれないものでもなく、多くの人に受けるコンテンツや雑談や悩みを聞くのが上手など、得意なことがあれば、それを自分のペースで伸ばしていけます。

ライバーになるためにいる初期費用は特にかからないのもライバーの魅力です。

ライバーは仕事として成り立つの?

 結論、成り立ちます。

 コロナウイルスの影響により、これまでの働き方が変化しつつあります。

在宅ワークが増え、在宅で稼げる職種も増えてきています。

その中の1つでライバーがあります。

「好きなことを仕事にする」というとこにフォーカスがあたっています。

資金いらずの個人でインターネット環境があればどこでも配信できるライバーは職業として成り立つのかを気になる人もいると思います。

また、専業でするべきか、副業程度でやるべきか、趣味でするものかなども悩んでいる人もいると思います。

 あくまで私の意見ですが、今就職している方の場合は、その本業の稼ぎを超える程の稼ぎを出せるようになってからの専業を考えたほうがいいと思います。生活するにあたり最低限の現金は必要のため、このような方法をとった方がいいのかなと思います。

また、趣味程度で始める場合はいつから始めてもいいのかなと思います。

ただ、ライバーになるにあたり、コンプライアンス違反や、誹謗中傷するような表現には細心の注意が必要です。

これに違反してしまうとアカウント停止や凍結ということになってしまうので、築き上げたものが0になってしまいます。

稼ぎ方

 ライバーの稼ぎ方は主に2つ存在します。

 まず1つ目は投げ銭です。

これがメインの稼ぎ口になってきます。

投げ銭とは視聴者からギフトというもので、いただくものです。

これは視聴者が応援したいライバーにギフト送ることで成り立っています。

視聴者同士の競争心をくすぐりファンの視聴者が多ければ多いほどいただける機会が増える仕組みです。

2つ目はイベントに参加するというものです。

運営サイドが定期的に開催するものです。参加することで、現金をアイテムという形やポイントという形で、いただけます。

主にはこの2つがライバーの直接的な収入になります。

ただ、影響力を持つと、企業様から商品の宣伝をお願いされるこのも十分に考えられるため、影響力は大きな力になります。

イチナナLIVEの見出し3画像

稼いでいるライバーについて

稼いでいるライバーは多く存在し、本当にピンキリです。

 毎日配信している方や、話しが面白くファンが多いライバーやたまにしか配信しないライバーなど様々な形態なので、ピンキリになっています。

稼いでいるライバーは年間1000万円を超えることもあります。

全く収益化できていないライバーも存在します。

センスがあり、特別な人が稼いでいるだけと感じているかもしれません。

しかし、よく考えてみてください。

ライバーの皆さんは最初は視聴者もつかず初心者からスタートしています。

初心者からコンテンツを考えたり、画質をよくするためにカメラやライトを購入したり、音声をよくするために、マイクを購入したり、試行錯誤しているはずです。

表面では、楽しそうに配信していますが、裏では、どうしたら多くの視聴者を集められるか、話をする内容、狙いの世代など数多くのことを悩んでいると思います。

その上で今の知名度がある、ライバーがほとんどです。

自分にはできないと思っている間に差は開いていくので、興味があって、始めてみたいと思っているのであれば、是非挑戦してみてください!

 コンテンツがしっかりしていれば、その分当たる確率も上がるので、コンテンツが重要になってきます。

17liveなど多くの人が集まるプラットフォームを利用するのも大事になってきます。

お金

おすすめのプラットホーム

やはり、自分で集客するのは難しく、多くの集客を行ってくれているプラットフォームを利用する方がいいです。

現在多くの企業がライブ配信サービスに参戦しています。

集客率の高いアプリを使うんが一番いいですが、そこだけ求めて使いにくく、自分に合わなかった場合はストレスが溜まってしまうので、使いやすいプラットホームを利用するのがおすすめです。

具体的なアプリを2つだけ紹介します。

「ツイキャス」「17live」

ポコチャの口コミ・評判

まとめ

 ライバーは近年職業としても急速に発展してき、今後も伸びしろがある業界になっています。

また、人気ライバーになれば稼げる金額は大きく夢を見れる事業だと思います。

一度影響力をつかめると良くも悪くもなかなか消えないものなので、自覚をもって、ライバーになることが重要です。

皆さんが気持ちよくライブ配信に親しみを持って楽しめるように、コンプライアンスには注意しましょう。

 ライバーを始めるにあたり、金額的に負担することはなく、資金なしでも始められるので、この機会に始めてみてはいかがでしょうか!!

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社