投げ銭がYoutubeでもできる!?配信者の設定方法やメリットを解説!

You tubeでライブ配信している人に向けて投げ銭が出来ることを知っていましたか。
最近、いろいろなライブ配信アプリで投げ銭機能によって、ライバー(ライブ配信する人)を応援することができるようになっていますよね。
投げ銭は、ライバーからすると貴重な収入源の1つとなっています。
中には、投げ銭の収入によって生計をたてたり、かなり儲けている人もいるとか。
この記事では、そんな投げ銭機能が実はyou tubeでもできるので、その方法やメリットなどをご紹介します。

You tubeの投げ銭とはどうゆう仕組みか

ここ数年、アプリによるライブ配信が増加していますが、投げ銭ができる機能によりライブ配信者を応援することが出来ます。
You tubeでも基本的にシステムは同様で、You tubeでライブ配信「You tube Live」を配信しているときに視聴者がスーパーチャットの機能で投げ銭を行うことが出来ます。
スーパーチャットでは最低100円から最高50,000円までの範囲で投げ銭を送ることが出来ます。
また、You tubeの規約上投げ銭を送る側の制限があり、1アカウント当たり50,000円/1日までとなっています。
ライブ配信中にスーパーチャットで投げ銭を送ることで、ファン側としてはメッセージをライブ配信画面内に表示することができます。
これによって、配信者から気づいてもらえる可能性が上がり、うまくいけばライブ配信中にコメントをもらえる可能性があります。

You tubeでの投げ銭の仕方

まず、スーパーチャットで投げ銭を受け取るには条件をクリアしたうえで設定を行う必要があります。
条件
・チャンネル登録者数が1,000人以上であること
・過去12ヶ月の再生時間が4,000時間以上であること
・18歳以上

上記の条件をすべてクリアしており、あわせて以下の設定も行っておく必要があります。
設定方法
・アカウントのSMS認証
・アドセンスの設定
・スーパーチャットでの投げ銭受け取り設定

今のところ、スーパーチャットでの支払い方法はクレジットカードかPaypalの2種類となっています。

You tubeの投げ銭は儲かるのか

スーパーチャットで儲けるには、ライブ配信中に視聴者に観てもらう必要がありますので、かなりの登録者数が必要になります。
また、投げ銭してもらった金額が配信者にそのままの金額で利益になるわけではなく、手数料などが引かれます。
手数料に関しては、以下2つのパターンの場合があります。

  1. iPhoneのiOSアプリ経由でスーパーチャットを使用した場合
    Appleのサービス手数料約20%+You tubeの手数料30%
    →投げ銭された金額の50%が配信者に受け渡されます。
  2. ブラウザでYou tubeをみて、スーパーチャットを使用した場合
    You tubeの手数料30%
    →投げ銭された金額の70%が配信者に受け渡されます。

    同じ金額を投げ銭するのであれば、ブラウザから投げ銭した方が配信者が受け取れる金額が多いので、スーパーチャットで投げ銭する場合は意識した方が応援になりますよ。

You tubeの投げ銭をするメリット

配信者側はもちろん投げ銭してもらうことで収入になることがメリットになります。
では、投げ銭をした人にはどんなメリットがあるのでしょうか。
もちろん配信者にお金を送ることで、配信者がより良いコンテンツ作成ができるように手助けができ、またそのコンテンツを観ることで楽しめるのはメリットです。
もう一つ、先ほど仕組みの説明のところで触れたライブ配信時にコメントが表示されることが最大のメリットなのではないでしょうか。
リアルタイムでYou tubeの配信者とコミュニケーションが取れる手段としては投げ銭くらいしか考えられません。
また、投げ銭では金額が100円~50,000円までの間で自由に選択できますが、投げ銭の金額によって表示されるコメントの表示時間や最大文字数、色が異なります。
以下に投げ銭の金額と表示についての表を作成しました。

投げ銭の金額固定表示時間最大文字数文字の色
200円未満なし0文字
500円未満なし50文字水色
1,000円未満2分150文字黄緑
2,000円未満5分200文字
5,000円未満10分225文字オレンジ
10,000円未満30分250文字ピンク
20,000円未満1時間270文字
30,000円未満2時間290文字
40,000円未満3時間310文字
50,000円未満4時間330文字
50,000円5時間350文字

金額が多くなると表示される時間や文字数が多くなるため、配信者の目につきやすくなり、コメントされる可能性が高くなります。
配信者に覚えてもらうこともできるかもしれません。
ちなみに、表示時間がまだ残っていてもライブ配信が終了するともちろん表示はされなくなります。

まとめ

ここ数年でいろいろなライブ配信のアプリなどが登場し、投げ銭によってお小遣い稼ぎや本業にする人まで出てきています。
You tubeはライブ配信としてはそんなに歴史があるわけではないかもしれませんが、動画配信サービスのプラットホームとしてはパイオニアなので今後もライブ配信に参入することで大きな影響が予想されます。
また、もともとYou tubeで基盤を気づいてきたユーチューバーがライブ配信に参入したり、他のアプリでライブ配信の基盤を持った人がYou tubeにライブ配信から参入してくることがすでに起きています。
さらに、ライブ配信は動画の編集技術が必要ないので、一般人や初心者でも始めやすいという利点も持っています。
まだまだ今後拡大が考えられるライブ配信や動画配信にあなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

会社概要

LIVEwith HP
運営会社:dely株式会社